Fan Control

MacBookまたはMacBook Proを冷却! ファンの騒音対策もできるファン回転数コントロールアプリ

Fan Control(ファンコントール)は、ファンの回転数をコントロールすることができるアプリです。MacBookやMacBook Proを長時間使ったり、負荷の高い処理を行っているとHDDやCPUがどんどん熱くなっていくことがあります。通常、ファンは温度に応じて回転数が変わるよう設定されていますが、なかなか温度が下がらないときにはファンの回転数を手動で上げると良いでしょう。ただ、ファンの回転数を上げると動作音がうるさくなる事が有ります。Fan Controlを使用して、ファンの動作音が気にならない程度にファンの回転数を上げて、Macを高熱から守りましょう。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 1500から3500までファンの回転数をコントロールできる
  • 温度の上限と下限を設定しておけば、ファンの回転数が自動で調整される

反対票

  • アンインストールは少し手間がかかる

とても良い
8

Fan Control(ファンコントール)は、ファンの回転数をコントロールすることができるアプリです。MacBookやMacBook Proを長時間使ったり、負荷の高い処理を行っているとHDDやCPUがどんどん熱くなっていくことがあります。通常、ファンは温度に応じて回転数が変わるよう設定されていますが、なかなか温度が下がらないときにはファンの回転数を手動で上げると良いでしょう。ただ、ファンの回転数を上げると動作音がうるさくなる事が有ります。Fan Controlを使用して、ファンの動作音が気にならない程度にファンの回転数を上げて、Macを高熱から守りましょう。

Fan Controlをインストールすると環境設定にFan Controlのアイコンが現れ、アイコンをクリックすると、ファンを調整する画面が表示されます。ファンの回転数は「Base Speed」で設定します。初期設定は1500で、最高3500まで回転数を上げることが可能です。現在の温度が「Temperature」にリアルタイムで表示されるので、温度を見ながら回転数を調整することができます。

Fan Controlでは、温度の上限と下限を設定することができます。例えば、上限を70度に設定しておけば70度に近くなると、ファンの回転数が自動的に上がります。ファンの回転数が上がれば、ファンの動作音がうるさくなり、ファンの故障の可能性も高くなることがあるので、ファンの回転数はむやみに上げ過ぎないように調整しましょう。

Fan Controlはシステム環境設定に組み込まれるため、ライブラリ内の設定ファイルを削除する必要があるなどアンインストールに少し手間がかかります。Fan Controlを使っても温度が変わらない、動作音が静かにならないという場合は、SMC (System Management Controller)のリセットを試してみるといいかもしれません。

Fan ControlはMacBookやMacBook Proを熱から守ることができる、ファン回転数コントロールアプリです。

— ユーティリティーとツール —

Fan Control

ダウンロード

Fan Control 1.2